Bumbo

赤ちゃんの「すわる」をきちんと考えた
世界中で愛されるバンボ

                           

バンボベビーソファは、「愛情」最優先の企業だからこそ誕生しました。 「まだひとりではおすわりはできないけれど、ハイハイで活発に動く赤ちゃんをじっとさせておく良い方法はないだろうか…」。愛娘の悩みを聞いた南アフリカ共和国のこだわりお父さんは、その職人魂を「イス」一点に集結させ、試行錯誤の末これまでにない全く新しい「やわらかいイス」を開発しました。ゾウのおしりのような形でゾウのような安定感と安心感のある「バンボベビーソファ」はこうして誕生しました。

シンプルな構造でありながら画期的な安定感とすわり心地を実現したバンボベビーソファの魅力は瞬く間に世界中に知れ渡り、家庭だけにとどまらず保育施設、病院などへも普及し、現在では世界約100カ国で販売されています。

製品構成も広がり、インパクトのある会社になったバンボ社は、その利益の97%を子供教育や地域社会を守ることに注ぐなど、日々社会貢献活動に取り組んでいます。